“Toward Agave Expressionism” (2019) on Bánh Mì Verlag

Toward Agave Expressionism
アガヴェ表現主義に向けて

What is an American musical aesthetic?
アメリカ的音楽の美学とは何か?

Music of Changes is comfortably numb.
変化の音楽は心地よく麻痺している。

Agave Expressionism is about attending to moments of cultural rupture. It is a contingent space; there is not a sound, no material. It is a liminality — perhaps an impossibility.
アガヴェ表現主義とは、文化的破裂の瞬間に立ち会うことである。それは偶発的空間である。そ こに音はなく、物質もない。それは境界的状況である – おそらく不可能なものである。

“I caught a fleeting glimpse out of the corner of my eye.”
“私は目の端に一瞬ちらとそれを見た”

Agave Expressionism is about takin’ it easy. Formal rigor and formal relaxation. Content and content .
アガヴェ表現主義とは気楽でいることである。形式的厳格と形式的リラクゼーション。中身と中 味。

Baudrillard wearing a gold lamé tuxedo.
金のラメのタキシードを着ているボードリヤール。

Agave Expressionism is not stupid, though it dares to embrace the dumb. Banal but not tedious. It is not that High and Low are pre-existing conditions of culture but that such delineations are mediators of culture. High and Low exist even where they are marginalized, and where they are problematic. The incorporation of this attention into composition is Neo-Pastiche, a technique by which Agave Expressionism is possibly achieved.
アガヴェ表現主義は敢えて阿呆らしさを抱擁するが、愚かということではない。ありふれてはい るが、退屈とは違う。高きものと低きものはカルチャーの前提条件という訳ではなく、むしろ、 かような描写はカルチャーの仲介者である。高きものと低きものはそれらが疎外され、問題視さ れるような場所にすら存在する。作曲へのこの注意喚起の組み込みは、アガヴェ表現主義がおそ らく達成される技術であるところのネオ・パスティーシュである。

Dada, Fluxus. Daquan, Worldstar.
ダダ、フルクサス。ディクアン、ワールドスター。

Agave Expressionism is a state of mind. It’s a way of thinking about art, a way of addressing concepts of High and Low and the dissatisfaction with pre-existing methods of dealing with culture. Treating cultural material with dignity.
アガヴェ表現主義とは心の状態である。それは芸術についての考え方であり、高きものと低きも のという概念への対処方法であり、そしてカルチャーと折り合いをつける為の既存のメソッドへ の不満足である。尊厳を持って文化的マテリアルを取り扱うということである

How has Bang on a Can failed?
バング・オン・ア・カンは何故失敗したか?

Agave Expressionism is about addressing how avant-garde responses have failed. It is not revolutionary, it is an anti-reactionary rupture. It is not a cynical gesture. It is an attempt to bring this rupture into a formal possibility. When do we know that we have rebelled or failed to rebel? And against what?
アガヴェ表現主義とは如何にしてアヴァンギャルドの反応が失敗したかを記述することである。 それは革命的ではない、それは反-反動的破裂である。それは皮肉めいた身振りではない、それは 正式な可能性にこの破裂をもたらす為の試みである。我々はいつ反逆者への反逆、あるいは反逆 の失敗を知ることになるのだろう?そして何に抗っているというのか?

Burl Ives and Charles Ives. Morton Feldman and Corey Feldman.
バール・アイブスとチャールズ・アイブス。モートン・フェルドマンとコリー・フェルドマン。

Agave Expressionism is an unrequited love affair with culture. How does one deal with the failed revolts of the past century of art? It is not to succeed — it is to fail differently, in a different dimension. Agave Expressionism is an ethos of this failure, a practice towards releasing blockages to the emotional life of culture: exercising our fraught sociality, taking seriously the question of lucidity and madness, sobriety and intoxication within culture.
アガヴェ表現主義とはカルチャーとの片想いの情事である。芸術の過去1世紀における失敗した反 乱を人はどのように扱えば良いだろうか?成功することでは無く、別の次元で、別の方法で失敗 すること。アガヴェ表現主義とは、この失敗の精神のことである。カルチャーにおける感情的生 活への閉塞を開放するための修練である: 我々の充実した社会性を行使し、カルチャーの内にある 明快さと狂気、シラフと中毒の問いかけを真剣に受け止めることである。

Boulez burns one in the LBC.
ブーレーズがロングビーチで一服きこしめしている。

Back